ヘルペスにかかると辛い症状があらわれますので、早めに治療をしなければ、痛みや水膨れなどが日常生活に支障を与えてしまうこともありますので注意が必要です。
早い時期から治療を開始しなければいけないでしょう。

 

単純ヘルペスが出たら

単純ヘルペスが出た場合に、一番良いこと、それは医療機関への受診です。
病院へ行って治療を受けることが一番といってもいいでしょう。口唇にできたヘルペスの場合は皮膚科で治療を受けることができます。
性器ヘルペスになった場合には、入院して治療をしなければいけないこともあるのですが、早めの治療を開始することで1週間もすれば治ると言われています。

 

ヘルペスウイルスに効果がある薬を使う

治療にはウイルスに効果がある薬を使わなければいけないでしょう。
ウイルスにはウイルス薬を使わなければ治りません。病院で検査をした上で何が原因のウイルスなのかそれを特定したら、単純ヘルペスウイルスの場合には、ウイルスがこれ以上増えないように、バルトレックスやゾビラックス等の抗ヘルペスウイルスを使用すれば治療ができます。
症状によって内服薬を使った治療がよいのか、それとも外用薬を使った治療がよいのか違ってきます。

 

市販薬でも治療は可能

市販されている薬はドラッグストアなどは、外用薬がメインですので抗ウイルス薬の販売はありません。
塗り薬だけで治療をしていくことになります。それでは治らないような場合には治療のために病院へ行ったほうがいいのですが、病院へ行くことができない人は、インターネットのサイトでも輸入代行サイト等もありますので、それらを使えば治療可能です。

外用薬だけでなく内服薬も服用することによって治療はスムーズに進みます。