ヘルペスにかかったことがある人は、症状が辛かったと答えている人も多いでしょう。
ヘルペスの症状としてはどのような症状が出るのでしょうか。
ここではそれぞれの種類によるヘルペスの症状について詳しく見ていきましょう。

 

皮膚が痛い

ヘルペスの一つ目の症状として痛みがあります。
皮膚の痛みについては違和感がありますので、注意したほうがいいでしょう。

単純ヘルペスは皮膚にピリっとした痛みを感じます。痛みとして捉える人もいれば、かゆみとして感じる人もいます。
熱を持っている人もいますし、うつ熱のように患部が火照っているという感覚を感じる人もいるでしょう。

始めて感染をした場合には、熱が出るということもあります。
どこに感染するのかということで違いがあるかもしれませんが、性器ヘルペスは性器に痛みを感じ、場合によっては歩行ができなくなる人もいるので注意が必要です。
人によっては再発を繰り返されることもあり、皮膚がピリっとしていて痛みがあるので辛くて日常生活に支障が出る人もいるでしょう。

 

赤くなる人も

皮膚の違和感だけでなく、それから少しして患部を見てみると赤くなっていることがあります。
腫れが出てきた場合には、ウイルスが活発に動いているのだと考えたほうがいいでしょう。
この時期に一番ウイルスが増殖していると言えます。

 

水膨れについて

赤くなってから1日から3日以内には水膨れができるでしょう。
始めて感染した場合には大きな水ぶくれが複数できることもあります。
口唇ヘルペスにかかると顎の下、リンパ節がだんだん腫れてきます。
性器ヘルペスになると、水膨れが潰れてから潰瘍ができるでしょう。
この水膨れの中はウイルスがたくさん詰まっていて、移りますので注意しましょう。

症状が何らか出てきたら早めに治療をすることをおすすめします。